子供スクール

【ベビースイミング チーフ:高橋 香恵】ベビースイミングは「水難事故」の防止を目的にスタートしました。家庭用プールなど誤って水中に落ちた時でも「自分の身を守るための技術を身に付ける」という発想が原点です。しかし、単に水に慣れることだけではなく、身体を育む親子のスキンシップが行えるのも大きな魅力の一つとなっています。

レッスンの流れ

レッスンの様子

1.挨拶&マッサージ・体操

あいさつと出席を取ったら、親子でスキンシップを元気よくレッスンをしながらマッサージ&体操を行います。

2.シャワー

全身しっかりシャワーを浴びます。

3.プール開始

抱っこをしてプールに入ります。お子様の様子に合わせてコーチが手助けして行きます。

4.お遊戯

音楽に合わせてみんなでお遊戯。トンネルくぐりなど色々あります。

5.お遊び

たくさんのおもちゃや滑り台で遊びます。コーチがしっかり見ているので、ママやパパは泳いだり歩いたり自分の運動をしてても大丈夫!

6.お片づけ&挨拶

お片づけをしたら、ジャグジーで体を温めてシャワーを浴び、さよならの挨拶をして終了します。

Q&A

体調が悪くて休んだ時など、他の日に振替えることは出来ますか?

もちろん振替えることができます。
また、ベビースイミングは、振替えた日をまた別の日に振替えることも可能です。

通常のスクール以外でベビー向けのイベントなどはございますか?

季節に合わせて「水上運動会」や「クリスマス会」など行っています。また、「皆勤賞」の表彰や夏休みなど長期休み期間にはご兄弟も一緒にプールに入れる「わいわい教室」も行っています。お誕生月にはプレゼントや記念手形でお祝いします。

親は水が苦手で泳げないのですが?

ベビースイミングは親子のスキンシップをとることが目的の一つですので、まずは一緒にプールに入り、水に触れることを親子で楽しんで頂ければ大丈夫です。

page top
Copyright (C) 2015 shinko-sports. All Rights Reserved